drift woods canvas

頂いたりひろったり
絵を描く土台も作ります。

犬の散歩がてら河原で拾うので
お父さんはいつもあきれています。

b0225743_16222871.jpg
b0225743_16214666.jpg
b0225743_16212782.jpg
b0225743_16211054.jpg
b0225743_1620461.jpg
b0225743_16202630.jpg
b0225743_1620868.jpg
b0225743_16194981.jpg
b0225743_16192622.jpg
b0225743_1619471.jpg
b0225743_16184687.jpg
b0225743_16183117.jpg

[PR]

# by seri0613 | 2011-10-16 16:22 | 描く  

気づかずに

痛みなく暮らしてゆくことと

気づいたが故に痛みを伴ったまま暮らしてゆくことと。

どちらかといえば前者のほうがやばい。


あっという間に 本当にあっという間に時間は流れていって

うっかり遭難していたりして
しかしたどり着いた山小屋は居心地がいいし不自由しないので

まあいいかなんて。

変わっていたものを 変わったと自覚し

手放したものを手放したと自覚し

そしてその全てを自分が選んできたのだと

自覚すること。

後悔はきらいです。あんなものはなんの役にも立たない。
反省はいいけどね。


必要とされないことに怯える前に、自分がなにかを必要とすること

求めて探すことと
それをやめないこと

気づいたらもう10月。
次に気づいたらおばあちゃんになってた!
なんてまったく困りものだ。


進め。
[PR]

# by seri0613 | 2011-10-13 15:29 | 日記  

14年間

ほんとうにほんとうにありがとう。

たくさん笑わせてくれてたくさん甘えてくれて
たくさんしっぽを振ってくれて
たくさん泣き顔をなめてくれた。

中学生になって初めてできた友達
愛犬のカンタが天国へいきました。

泣きそうな声で兄ちゃんが電話をくれました。

わたしは
なんにもしてやれなかった。
14年生きたなかの半分しか
そばにいてやれなかった。
それでも帰ればいつも尻尾を振って迎えてくれたカンタに
たくさんありがとうとごめんねを伝えに
明日山梨へ帰ろうと思います。


寂しがりやで臆病なのにすぐ遠くへ駆けていっては
恐くなって必死にわたしを探す姿や

川ではしゃぎすぎて落っこちて大慌てする姿や

塀からひょっこり顔を出すあの顔や

泥だらけの手足で全力で飛びついてくる姿や

くりくりとした大きな目や

柔らかくて長い毛足に

もう会えないなんて。



悲しいことがあるとわたしは2匹をつれて山へ出かけて
走り回る彼らを見て思わず笑って
もうすっかり充電されていたことを思い出す。

ねえカンタ
あんたがいなくちゃピコは寂しいよ
あたしだって寂しい。
兄ちゃんも寂しいし
お父さんもお母さんも寂しいよ。


ずっと
寂しい思いばっかりさせてごめん。


梅干しを食べさせてビックリさせて笑い転げたり
眉毛書いたり
イタヅラして悪かったよ
謝るから
もうしないから
戻ってきてよ



天国でサブちゃんにはもう会ったかな
2人で仲良くたのしくやっていってね
もう寂しくないように

見えなくなった目もきっと今は
昔と同じにきれいな真っ黒な瞳に戻っていたらいいな。

今まで本当にありがとう
みんなみんな君が大好きだった。

いつかわたしがそっちへ行ったら今度こそ
ずっと一緒にいよう。
そのときはまた
全力でしっぽを振って
元気に迎えてよね。

b0225743_23575279.jpg
b0225743_23573739.jpg

[PR]

# by seri0613 | 2011-07-11 23:57 | 日記