そーゆうことってあるよね

b0225743_1637046.jpg
b0225743_16364359.jpg
b0225743_1636281.jpg

[PR]

# by seri0613 | 2013-05-31 16:36 | 描く  

いろいろ

5月。
ひかりのつぶが降るような晴れの日も
砕いたビー玉が降るような雨の日も
緑がいちばんきれいな季節です


いろいろないろが1年でいちばん色濃くなる季節に結婚式をあげたおきゃくさま。
末永ーくお幸せに!
b0225743_16332918.jpg

[PR]

# by seri0613 | 2013-05-31 16:34 | work  

愛すべき彼ら

3月。
タイで出会ったともだちの結婚式。
光栄なことにウェルカムボードを描かせていただきました。

b0225743_1635312.jpg


ひろい会場にたくさんの人たち。
ふたりがとっても愛されている感じが伝わってきてこちらまで幸せな気持ちになりました。

新婦のお父様はすでに他界されているとのことで
新郎である友達は最後のスピーチで
マイクをつかわず
大きな声で、言いました。

いつかあなたにそちらで会うことができたら
胸を張って「はじめまして」と言えるように
きっとぼくが彼女を幸せにします。




いつでも思うことは、大事な人にはいつまでもそばにいて欲しいということ。
それから どうしてあんなにいい人が、こんなに早く旅立たなければいけなかったのかということ。

お別れの仕方はよくわからないし
それはいつも突然のことだから、ただ呆然と目の前に起きたことを追いかけることしか出来ずに
いつか あいてしまった穴が埋められる日を待ち望むけれど
その日はたぶん、来ないだろうことも薄々わかっているものだ。
誰かが埋められる穴ならこんなに悲しくはないんだろうから。

それでもどうか、どうか悲しい以外のことを感じることが
すこしずつ、増えていきますようにと思うのです。
かき始めた日記に楽しんだ日が増えますように。

友達のような上手な言葉はかけてやれない分
できるだけ、会いにいければなと思います 生きているうちに。
[PR]

# by seri0613 | 2013-04-15 16:58 | work